シングルマザーに「ヘアメイクの資格」はオススメ?

2018/01/13

今仕事をしている方も、そうでない方も、生活をするために何かしらの職業につかなくてはならないでしょう。

世間の景気は上向いている話も耳にしますが、現実はなかなか厳しい方も少なくありません。

そんな世の中だからこそ、働く(働きたい)女性にとって、資格を持っていることが武器になることもあります。

資格を持っている方が実感するのが、就活や転職時に資格がとても有利で有効ということです。

しかし、「資格があれば有利」なのはわかっていても・・・

シングルマザーの方に限らず、社会人の方とって、今から資格を取得すために学校に通ったりする『お金も時間もない!』という方は多いでしょう。

ですが「資格があることで、給与面や就活に有利」になること間違いはありません。

ただし、収入や就活だけにこだわりすぎて資格を選ぶのは、モチベーションもあがらず、行動に移すこともなかなか難しいのではないでしょうか?

そこで今回は、女性に人気の美容関連の資格、「ヘアメイク」の資格をご紹介いたします。

ヘアメイク業界で働きたい!

大好きを仕事にしたいあなたへ。

ヘアメイクの資格って?

ヘアメイクの資格

ヘアメイクの仕事というと、メイクアップアーティストやスタイリストを想像するのが一般的でしょうか?

メイクアップアーティストやスタイリストと聞くと、敷居が高いと感じられてしまうでしょう。

しかしヘアメイクの仕事は、ネイリストエステティシャンアロマテラピーとならんで、今とても注目されているお仕事なのです。

就職先や将来は?

ではヘアメイクの就職状況はどうなっているでしょうか?

就職先の一例として、

美容室、サロン、エステ、ヘアメイク事務所、芸能事務所、ブライダルサロン、結婚式場、フォトスタジオ、トータルビューティサロン、ファッション業界など

非常に幅広くなっています。

さらに最近では医療や福祉の現場などでも活躍の場が広がってきています。

そして将来的には専属のヘアスタイリストやフリーランス、独立開業なんてことも夢ではありません。

そのため、副業として週末だけの勤務、お子様がいる方は短い時間の勤務も可能な近隣のフォトスタジオ、自分の時間が増えたらトータルサロンや教室の開校などの選択肢も可能でしょう。

このように

自分の生活を基にした勤務形態を選ぶことができるのも、ヘアメイクの大きな魅力であるといえるのではないでしょうか。

どうやったら取れるの?

ではヘアメイクの資格はどうやったら取得できるのでしょうか?

ヘアメイクの資格とはをとるにはいくつかの方法がありますが、ここではきちんと使えるメジャーなものをいくつかご紹介いたします。

ここでしっかりとした資格を選ぶことが将来につながりますので、きちんと社会的に認められている資格を取りましょう!

MSOJ(日本メイクアップ連盟)【メイクアップ検定】

3級から始まり認定行使までの全4段階に分かれています。

  1. 個人や国内のイベントに参加できる基礎的な2級~3級
  2. 知識だけではなく接客マナーなどプロとして働くために必要な対応と、『サロン』『ウエディング』『映像』の専門知識を備えた人材である1級
  3. 1級までの知識を指導し、伝えることができ、国際的に活躍することができる認定講師

基礎に重点を置き、全体的にレベルが高く、実践的な内容となっています。

認定講師から各試験対応の講習を受けることが受験の条件となっています。

財団法人日本メイクアップ技術検定協会【JMAメイクアップ技術検定】

検定には以下の4つがあり、それぞれがいくつかの級に分かれています

  1. 日本メイクアップ技術検定試験
  2. セルフメイク検定試験
  3. メイクアップアドバイザー検定試験
  4. ヘアアレンジ検定試験

昇級するには必ず下の級からチャレンジしなければならず、メイクアップアドバイザー検定試験以外は基本的に実技試験がメインとなります。

基礎的な知識からきちんと身に着けていなければなりませんが、公式テキストを基に学ぶことができ、非常にしっかりとしています。

年齢制限はありません。

IBF国際美容連盟【IBF国際メイクアップアーティスト認定試験】

検定には以下の5つがあります

  1. 国際メイクアップアーティストライセンス
  2. 国際メイクアップアーティストインストラクターライセンス
  3. ヘアスタイリングプロコース修了認定
  4. IBF認定メイクアップビューティセラピスト検定
  5. IBF認定ダイヤモンドボディデザイナー検定

IBFはこれまでの機関と少々異なっており、メイクアップ関連アーティストやスペシャリストたちが中心となって立ち上げた国際的な機関で、海外にも拠点があり、より革新的な技術やアート、業界に強い内容となっています。

ボディやネイルなども扱っており、より専門的なプロ向けの資格ともいえるでしょう。

より専門的な資格ですので、取得後には就職(転職)だけではなく開業や認定教室開校等の具体的な相談やプロ用メイク用品の割引購入などのサポートが受けられるようになります。

まずは資料請求を!

実はヘアメイクの資格は国家資格ではありません。

ですが、直接肌や髪に触れるため、また記念日や舞台などといった大切な時間を彩るためにはきちんとした勉強をして、スキルと知識を身に着けている必要があるのです。

こういったことが広く認知されてきており、きちんとした資格はそれを裏付けるためにとても重要なステータスとなってきているのです。

欠点を隠すだけではなく、その人が持つ美しさを引き出したり、舞台やアートの世界をより輝かせるための夢の舞台の仕掛人となり、安定した生活と収入を手に入れてみてはいかがでしょうか?

そのためにも全国に数あるスクールや教室の中からあなたに合った資格取得のための指導を行ってくれる場所を探してみませんか?

今はまだ乗り気ではなかったり、難しいと感じているかもしれませんが、まずは1歩踏み出さなければ、今日よりよい明日には出会えません。

資料の請求は無料ですので、まずはいろいろと比較してみましょう。

より良い明日に出会うために、まずはチャレンジしてみてください。

ヘアメイク業界で働きたい!

大好きを仕事にしたいあなたへ。

-シングルマザーにオススメの資格
-