シングルマザーにおすすめする『社会保険労務士』の資格

シングルマザーにおすすめする『社会保険労務士』の資格sharousi

今回シングルマザーにおすすめする資格として深掘りしていくのが『社会保険労務士』です。

この『社会保険労務士』という資格はご存知でしょうか?

あまり聞き慣れない方も多いと思いますが、「社労士」の略称で呼ばれることもあり、働く人を支えてくれる強い味方です。

社会保険労務士の仕事は働く側を助けるだけでなく、企業にとっても重要な存在となります。

どういうことかというと、仕事の内容として、労働者が安心して働けるように企業との業務内容や賃金でのトラブルを解決するための相談を受けたり、企業の負担になる労務管理や社会保険に関する相談を受けたり、どちらの依頼も受けるためです。

もっとカンタンにいうと「会社と労働者の双方が、安心して仕事を進める」ためのアドバイスやサポートを行う仕事が社会保険労務士なのです。

社会保険労務士の受験資格

社会保険労務士は社会保険労働法に基づく国家資格で、人材の専門家でもあります。

資格取得のためには、厚生労働大臣の委託を受けた全国社会保険労務士会連合会が管轄する試験に合格しなければなりません。

試験は毎年8月の第4日曜日に行われますが、その前に受験資格が必要となります。

「学歴による資格」


○大学卒業者か大学において62単位以上を習得済みである者。

○短期大学、もしくは高等専門学校を卒業している者。

○専修学校において、修業年限が2年以上であり、総授業時間数が1,700時間以上の専門課程を修了している者。

「すでに有している資格によるもの」


○司法書士や行政書士などの定められた資格を有している者。

○労働社会保険諸法令の規定に基づき設立された法人において、通算3年以上、同法令の実施事務に従事した者。

○厚生労働大臣が認めた国家資格に合格している者。

このように受験資格には大きく分けて2つあります。

もし、最終学歴が高卒でも、受験資格がない行政書士試験に合格して社会労務士を目指すという方法があります。

社会保険労務士の試験科目

社会保険労務士の試験科目についてですが、大きく2種類に分けられます。

「労働関連科目」と「社会保険関係科目」があり、前者は労働基準法、労務管理その他の労働に関する一般常識など、主に労働現場における科目です。

後者は健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法など労働者の保険関係における科目となります。

試験は完全マークシート方式となっており、各設問ともに規定の問題数を得点できない場合は足切りとなり、総合得点が高くてもこの基準を満たさないと不合格となります。

そのため、合格率は10%以下という難易度の高い試験ですが、逆にいうと合格してしまえばライバルの少ない資格といえるでしょう。

また、社会保険労務士は仕事をしながら、独学で勉強をして試験を受ける人が数多くいます。

もちろん、通信講座などのスクールで勉強する方法もあります。

受講内容としては、


○労働基準法、労災保険法

○雇用保険法、労働保険料徴収法

○健康保険法、国民年金法

○厚生年金法、厚生年金保険法

○労働安全衛生法、一般常識

といったスケジュールで行います。

この順番はスクールでの一般的なものを参考にしましたが、1年計画で勉強を進め、後半の空いた時間はスクールで模擬試験を受ける感じです。

◯社労士の学習が始めての方

◯社労士の基礎学習が修了していない方

◯社労士の資格を取得したい方

公式サイト:『たのまな』の『社労士【安心合格】講座』社労士

社会保険労務士の合格後の進路と給与

こうして晴れて試験に合格したら、2年以上の実務経験を積み、事務指定講習終了を経て、連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで社会保険労務士になれます。

事務所を開業しますが、最初は自宅を事務所代わりにする人もいて、ここは初期費用によって変わるところでしょう。他の社会保険労務士事務所に所属する人もいます。

また、気になる給料ですが、これにはかなりの幅があります。

スクールの広告には「年収1,000万円以上」など弁護士より高く書いてありますが、逆に脱サラした人の中には年収が半減したという人もいます。

どの職業でもいえることですが、個人として独立した場合には、コンサルタントのスキルと営業力が必要になります。

多くは企業と顧問契約を結び、企業が「やりたがらない」面倒な仕事をするわけですから、そこを「これは出来ません」などと言っていては収入にはつながりません。

逆に企業や労働者からの依頼をいかにスキルを駆使してこなせるかが鍵となります。せっかく合格率約10%の資格を得ているのですから、どんどん経験を積めば収入も上がるでしょう。

一例として、企業の顧問社労士を務めながら、障害年金の申請代行に的を絞って営業している人もいます。

ネットで情報が溢れている時代ですから、いかに自分の強みや個性を打ち出していくかが勝負となります。

ちなみに社労士連合会の調べでは、軌道に乗れば平均年収は670万円となり、事務所に所属した場合でも平均年収は450万円~となっています。

独立開業の場合はいかに軌道に乗せるかがポイントですが、少子高齢化が深刻化したり、年金制度が不安視される今だからこそニーズが高まっています。

また社会保険労務士の資格は国家資格で定年もないことは強みと言えるでしょう。

アウトソーシングに柔軟に対応できるベンチャー企業など、中小企業とのパイプを築いて安定した収入を得られるようにしましょう。

難易度は高い資格ですが、資格取得後は選択の幅が広がるのが社労士です。

だからこそ将来の生活に不安を感じるシングルマザーの方にぜひチャレンジして欲しい資格です。

●社労士の学習が初めての方。

●1回の受験での合格に不安がある方。

●2年以内の目標で合格を目指される方。

公式サイト:『クレアール』の『社会保険労務士講座』社労士

-シングルマザーにオススメの資格