シングルマザーにおすすめする『ブライダルプランナー』の資格

今回シングルマザーにおすすめする資格として深掘りしていくのが『ブライダルプランナー』です。

この『ブライダルプランナー』という資格はご存知でしょうか?

今回は、これから需要の増加が予想される『ブライダルプランナー』について深掘りしていきたい思います。

ブライダルプランナーの概要

人生で最も大切なイベントである「結婚式」。その一度限りの日を華々しく演出する仕事がブライダルプランナーです。

「ブライダルプランナー」「ブライダルプロデューサー」とも呼ばれ、式の当日まで、新郎新婦と打ち合わせを重ねて理想の演出を決めていきます。

日程・予算・衣装・料理・挙式スタイルなど決めることは多々ありますが、主役の二人だけではなく、招待者も含めた参加者全員に満足してもらえる結婚式・披露宴をトータルプロデュースする仕事なのです。

ブライダルプランナーは、式場を選ばれるカップルに、どのような結婚式を挙げたいのかを聞き、ご希望にそったプランを提案します。

その後も新郎新婦の要望に合わせて、詳細を決めるために何度も打ち合わせを重ねていきます。ただ話を聞くだけではなく、自分の知識や経験をもとにしたアドバイスを加え、より良い式にするのが目的です。

ウェディングドレス、写真、披露宴の料理、飲料、ウェディングケーキ、さらには司会やテ-ブルコーディネートなど、豊富な商品知識で特別な一日を全力でサポートします。

当日は、会場の影で式の流れをチェックしながら、滞りなく式が進むように関連部署や各スタッフへ指示。そのため、他の関連スタッフとも打ち合わせのできる知識も必要になります。

楽なことばかりではありませんが、新郎新婦とともに最高の幸せを作り上げる感動を味わえるのは、何事にも代えがたいやりがいとなるでしょう。

ブライダルプランナーの資格取得

ブライダルプランナーになるためには、資格がなくてもなれますが、豊富な商品知識を有していることの証明として、民間資格としてブライダルプランナー検定というものがあります。

ブライダルプランナーという職業が知られるようになってから、ブライダルプランナーを志望する女性が増えました。そのため競争率は高くなってきています。

また、カップルもブライダルプランナーの知名度が上がったことで、プランナーに素敵な式の演出をお願いしたいという人が増えました。

求人でも、ほとんどの式場やホテルなどで「資格保有者優遇」となっているので、ブライダル業界に就職するのならぜひ取得しておきたい資格です。

欧米で活躍するプランナーたちが所属する、世界最大規模の国際的な協会が全米ブライダル協会(ABC協会)です。

ABC協会ではその知識の内容によって1級・2級の検定を実施しますが、1級を取得するためにはまず2級に合格しなければなりません。

2級の試験は年に2回、秋と冬に、全国のABC協会認定校で行われます。受験資格はありませんが、受験料10,000円が必要となります。

出題内容は次の通りです。

○日本における各挙式の基礎知識、衣装・フラワー等各関連業務の知識

○欧米でのリハーサルウェディングからセレモニー、レセプションまでの流れ

○欧米のウェディングパーティー各人の役割や欧米プランナーの業務の知識

マークシート方式で250点満点となっていて、合格基準は約70%以上の正解率です。合格率もABC協会から公表されていて、約80%以上で推移しています。

主催者側がこのような試験実績を公表するのは珍しいケースですが、しっかり勉強すれば2級検定合格は難しくないとアピールしたいところなのでしょう。

ちなみに、2級ではブライダルの基礎知識を問う問題ですが、1級では宗教や営業スキルなど実務レベルの問題が多く出題されます。

ブライダルプランナーの試験は独学で勉強して受けることも可能ですが、よいテキストと試験問題が入手できないと難しいところです。日本だけでなく、欧米の結婚式における複雑なマナーや用語も覚えなくてはいけません。

テキストだけはABC協会からも購入できますが、内容が膨大なため試験に向けて効率的な勉強ができるとはいえませんし、試験問題も付いていません。

やはり、通信講座などで効率よく勉強したほうがいいでしょう。

ブライダルプランナーの将来性や収入

ブライダルプランナー検定を受けて合格した場合は、ブライダル業界やホテルなどへ就職するようになります。また、すでにそうした職種で実務を経験している人もいるでしょう。

しかし、2級であっても有資格者は有利です。そのため、高校を卒業後にすぐに検定を受ける人もいるくらいです。競争率が高いため、少しでも有利な条件で就職が望めるからです。

平均年収は約250~400万円となっていて、他の企業に正社員として雇用される場合と大差はありません。

仕事内容も長時間労働になりがちで、業務の大変さと比べると収入が多いとはいえませんが、就職・転職には困らず、さらに実務経験を積んで1級を目指すこともできます。

様々な価値観や式のスタイルそのものが多様化し、昔のようにお金に糸目を付けずに式を挙げるという時代ではなくなりました。

予算を抑えつつ、最高の一日を迎えたいというカップルも増えている中、ブライダルプランナーの手腕が試されます。

長い準備期間を経て、新郎新婦や招待客の笑顔を見れるのはブライダルプランナーの特権といえるでしょう。

やりがいがあり、将来性もある「ブライダルプランナー」という資格、ぜひシングルマザーの方にチャレンジして欲しい資格です。

プロフェッショナルなブライダルプランナーとしての証!?

就職実績250社以上!万全の就職サポートで就職をバックアップ!?

『たのまな』公式サイト:『ブライダルプランナー検定2級講座』

-シングルマザーにオススメの資格