シングルマザーでも住宅ローンは問題なし!?

2018/03/22

母子家庭と住宅ローン

シングルマザーになったらマイホームは持てないか?住宅ローンを組むことは難しいのか?と心配される方もいるかもしれませんが、結果から申し上げると〝NO“です。

母子家庭だから住宅ローンが組めないといったこと一切ないのです。

近年では、シングルの女性がマンションを購入する事も珍しくありません。女性の社会進出が常識になってきた現在では、母子家庭だからローンは組めないし、マイホームを持つ事は出来ないという考え方自体ナンセンスと言えます。

マイホームを持ちたい理由は人それぞれでしょうが、一般的には「老後に家賃のかからない住居の確保したい」、「子供に財産を残したい」といったことが主な理由ではないでしょか?

それではこれらの目的を達成するために、母子家庭の方がマイホームを持つために知っておくべき必要なことをまとめてみましょう。




お金の借り入れに母子家庭は関係ない

まずお金を借り入れることに関して、シングルマザーであることは関係ありません。貸主は借主の収入で返済可能なのかが審査基準であり、また保証人がある場合は、保証人の身元や収入がしっかりしているがか審査の基準になるからです。

つまりシングルマザーうんぬんよりも、基本的には現在の年齢と完済時の年齢正社員なのか派遣社員なのかと勤続年数年収はどのくらいあるのか、また他に借入があるのかなどが審査の対象になってくるのです。

つまり家庭環境で融資条件が変わることはなく、もちろん金利が変わることもありません。

住宅ローンに関しても一般的には同様の条件ですが、少し異なることもあります。

それは母子家庭の場合、夫婦での収入合算が見込めないために、シングルマザー一人の収入で住宅ローンに申込むことになるため、夫婦共働きの家庭と比較した場合、どうしても融資額が限られてくる場合があります。

ただしこれは住宅ローンが使えないということではありませんので心配不要です。返済負担率を考慮した物件選びをすれば大きな問題はないのです。

住宅ローンに大切な返済負担率とは?

住宅ローンを組む際に大切になってくるのは、返済負担率です。この返済負担率とは、年間収入に占める年間住宅ローン返済額の割合をいいます。

返済負担率は下記の計算により算出できます。

  1. ご自分の年収を計算してみてください。
  2. いくら借りたいか金額を設定します。
  3. 今のご自分の年齢から、ローン返済に費やせる年月を計算します。
  4. 上記の(2)÷(3)をすれば、年間返さなければいけない金額(4)が割りだせます。
  5. 年間返済額(4)÷年収(1)で算出し%を付けたものが、返済負担額と言います。

例えば収入300万円あっても年間150万円の返済額になると返済負担率は50%になります。これでは融資は受けられません。返済負担額の上限はどんなに年収が高い方でも35%程度とされているからです。

その他の審査も総合して判断されますが、まずは返済負担金をご自分で算出して、ローンの組み方を考えることが大切なのです。

母子家庭だからこそ注意したい点

住宅ローンの審査基準はあくまでも、数字や一般的な基準からのものです。

個々の家庭環境の変動を予想してのものではありません。つまり母子家庭が住宅ローン審査に不利ということはありませんが、長年に渡る返済については大い考える必要はあるしょう。

母子家庭では、自分が大黒柱であり、それは一本柱です。自分や子供に大病などの予想できない何かが起こった場合の対処の方法は念頭に入れるべきでしょう。

住宅ローンであれば失業保障・入院保障特約といったもしもの時の保証が付いているものを選んだり、自分の身の丈にあった物件を購入することは、当然行わなくてはなりません。

つまり無理のない返済プランと、自由になるお金の確保を考えた上での資金計画作りが必要となるのです。

住宅ローンの審査に向けて

仕事も安定し、返済プランもできた場合は、住宅ローンの審査に向けて準備を開始します。金融機関によって独自の基準はありますが、一般的に重要視されている審査基準は以下の通りです。

完済時年齢・借入れ時年齢・返済負担率・勤続年数・年収・担保評価・健康状態・融資可能額・連帯保証人・他の債務の状況や返済履歴

そして重要度が増している審査項目が2014年版「住宅金融支援機構の民間住宅ローンの貸出動向調査」で発表されています。

返済負担率・職種・勤務先・雇用形態・借入比率(借入額/担保価値)・借入者の社会属性・預貯金や資産の保有状況・返済途上での返済能力の変化

一点気になるのはやはり、借入者の社会属性の項目でしょう。

金融機関の本音と建て前の部分もあるので、一概に母子家庭は関係ないと言い切れないのかもしれませんが、実は最近では大手の銀行などで、母子家庭へ向けた住宅ローンプランを提供するところも出てきました。

無理のない資金計画

最後にマイホーム選びについてですが、新築物件に拘るのではなく、中古物件でも安住の地になりえる物件を探し、なるべく支払の総額を抑えられるようにすることは大切になってきます。

人生最大の買い物になるマイホームですから、まず焦らずじっくりと値段と環境と永住した未来が想像できる物件なのかの判断が大切です。

ローンを組む際にも、余裕をもてる返済プランになるように考えていれば、審査に落ちるリスクも減らすことができます。

マイホーム購入を検討できる方は、仕事などを含め社会的に独立した立場を確立しているシングルマザーと言える人です。そういうあなたの存在が、同じ環境下で苦労をするシングルマザーの希望になっていくはずです。

是非とも、マイホームの夢を叶えて、シングルマザーの新たな道を切り拓いていってほしいと願います。

シングルマザーのための地方移住や定住の情報が満載。

住まいのことから子育てや仕事、再婚の悩み。一人で悩まずに相談下さい。

日本シングルマザー支援協会 公式サイトをチェック!!

-シングルマザーの家探し
-