【シングルマザー】シングルマザーの就職に有利な資格

2018/01/24

あなたは結婚するまでに、仕事をされていましたか?

またされていた方はどんな仕事をしていましたか?

学校を卒業してすぐに結婚した人もいるでしょうし、OLだった人も、フリーターだった人も、その環境は人それぞれです。

総合職の就職だった場合でも、仕事を辞めて育児に専念するために専業主婦の道を選んだ方も少なくないでしょう。

結婚を決意したとき、その後の人生で離婚することを想定する人は稀かもしれません。

しかし離婚を選択して、自分が親権者となり、子供を育てて行くと決意したシングルマザーたちは、これから子育てや家事だけでなく、ひとつの大きな試練が待ち構えています。

それが「就職」です。

なぜなら多くの方は出産時に、仕事を辞めているのではないでしょうか?

子供を育てて行く上で、必要となってくる収入の確保は、死活問題です。どんなに経験がある人でも、納得いく職に再就職をするのは大変難しく、また子育ての両立を大前提にした職探しは難航する場合が多いといえます。

そんな時に、武器になるのが資格です。

シングルマザーの方たちが、今後のためにどんな資格を取ればいいのか、まとめてみましょう。

資格があれば、就職に有利なことは少なくないはず。

通信講座『たのまな』では、合格保証制度・質問は無制限・たのまな就職転職サポート制度・各種割引制度など・・・

受講生を手厚くサポート!!

どんな資格あるの?就職に有利な資格は?

まずは無料の資料請求からはじめて下さい。

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]公式サイト

国家資格を取得しよう

シングルマザーの人たちにとって欠かせないのはまず、収入が多いことです。ひとり身の女性ではなく、今後家族を養い、子供を学校に通わせるうえでは、一番外せない条件といえるでしょう。

次に重要なのは、求人が多く絶えず募集が見つかる仕事に就ける資格です。

時代の流れに左右されずに、募集が多い仕事を選ぶことで将来的な安定を手に入れましょう。

最後に、生活に見合う就業時間の仕事を選べる資格です。

以上の内容をふまえて考えると、一番お勧めなのは国家資格を取得することです。

国家資格とは、収入に直結し求人が多く、安定した就業を見込める資格といえるでしょう。また、国家資格を持っていると資格の手当なども出ます。

国家資格となるととても難しいイメージがしますが、実は働きながら取得できる資格も多くあります

そして専門職は常に人材不足といわれる昨今で、国家資格を持っている人は、子供のために休みを多くとったとしても、必要な人材とみなしてもらえるはずです。




シングルマザーに人気の国家資格

医療事務

病院に行った際に受付やカルテの管理をしている人たちのことです。

医療事務の資格がなくても就業はできますが、資格があれば採用される確率も上がりますシングルマザーに人気のあるメリットも多数あります。

  1. 1ヶ月位の短期で資格が取れる。
  2. 座り仕事なので、体力を温存して仕事ができ、育児や家事への支障を減らせる。
  3. 職場が全国各地にあるので、就職や転職がしやすい。
  4. 正社員・パートなど勤務形態が多様に選べる。
  5. 病院という社会的にも安定した職場なので、信頼が得られる。
  6. 子供の事情などで休む際、職場の理解を得やすい。

医療事務が国家資格であることを知らない方も多いですが、今では通信教育等でも資格が取れる代表格として、シングルマザーの方にはお勧めでしょう。

介護職員(ホームヘルパー2級)

  1. 働きながら介護福祉士の資格を目指せる。
  2. 正職員やパートなど勤務形態が多様に選べる
  3. 人材不足が取沙汰されているように、就職や転職は一番しやすい。
  4. 高齢化社会になっているので、今後の就職先が増える見込みが強い
  5. 子供の事情などで休む際、職場の理解を得やすい
  6. 医療事務に比べれば、体力勝負の職場ではありますが、就職先によっては働きながら資格が取れます

調剤事務

調剤薬局事務は医療事務と同様に、人気の高い医療系の事務となります。現在は病院と調剤薬局が別がほとんどなので、職場も増えているといえるでしょう。

  1. 資格が取りやすく尚且つ、職場も全国各地にある。
  2. 正社員やパートの勤務形態が選べる。
  3. 景気に左右されることはない。

全て、医療系にかかわる国家資格となりましたが、資格が短期間で取れて、全国各地に職場があり、土日の休日などの融通をきかせる上では、医療系の国家資格を取得することが、シングルマザーの方々にお勧めです。

その他にも、『保育士』も上げられます。通学で資格をとるより、通信での資格を取ったほうが価格は安く資格は取れます。

保育士不足も社会問題になっているので、就職先としてはあるかもしれませんが、シングルマザーとしての子育ても大変な中、仕事でも子供を相手に出来るのかをよく考えるべきかもしれません。

なお以上の資格については、教育訓練給付制度の対象講座となります。なので、通信講座でも通学でも、資格取得の為に勉強した受講料は助成の対象となります。

母子家庭で児童扶養手当が対象となっている方は、母子家庭自立支援給付が受けられます

自分に向いている仕事の資格

シングルマザーとして頑張っていこうと決意した時に、これから社会に出て仕事を探すときに、まずは自分に向いている仕事の資格を取ることをお勧めします。

通信講座や通学の講座に申し込む前に、各自治体に相談に行って、母子家庭自立支援給付の申請を行ってください。

そうすると、対象となる講座の教育訓練施設(通信教育も含む)へ支払った費用の20%を給付してもらえます。(上限は10万円まで)。

国家資格を取ることで、就職先が見つけやすくなる事だけでなく、収入の安定につながります。収入が安定すれば心のゆとりも得られるでしょう。

ぜひともチャレンジしてみてください。

自分にはどんな資格が適しているの?

どんな資格を取れば就職・転職にプラスになるの?

自宅で資格取得を目指す方は、適正診断テストでチェック!

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

-オススメ生活コラム