シングルマザーの生活を支える保育ママに子供を預けるシステム。

2018/01/26

私は、3歳の息子がいるシングルマザーですが、仕事はフルタイムでスーパーで働いています。

正社員ではないですが、一か月14万円手取りがあります。

3歳の息子を保育園に通わせて、働くのはとても手の届くような月額料金では無いので、私は「保育ママ制度」を使って、私が働いている間、私の家で認定されている保育ママに子供を預けるシステムを利用させていただいています。

また、14万円手取りではありますが、仕事から帰ると、家でできる簡単な包装や、折り込み、小物の組み立てなどの内職をしています。

収入的には、とても少ない額ではありますが、途中経過でも決まった日に取りに来てくれて、途中までの分を手渡しでお金を貰えるので、ちょっとは生活の助けになっています。

3歳なのでまだあまり分からないようですが、息子もオモチャのような感覚で手伝ってくれたりもします。

また、年末年始になると、息子を実家に預ける事が出来るので、郵便局でハガキをまとめたり、送ったりする、年末年始のバイトも毎年やっています。

年末年始働いただけで、3万円程度もらえるので、それで自分のご褒美に洋服などを買ったり、息子のおもちゃを少し遅れたサンタさんになって、買ったりしています。

また、バレンタインの短期のバイトや、ハロウィンのクッキー売り場の短期のバイトにもちょくちょくスーパーのお休みを貰ってしたりしています。

そちらの方が、余ったお菓子をもらえたりするし、時給の単価も高いので効率的です。ただ、スーパーは融通が利くので、パートをするならとても便利です。

短期のバイトも全て合わせると、年間で300万以上稼ぐことができ、なんとか試行錯誤しながら頑張って1人の息子を育てています。

今後は資格の勉強をして、さらに収入を上乗せしたいと考えています。

-シングルマザー日記