あるシングルマザーのハードな一日

2018/01/24

これは私の知人である4人の子持ちシングルマザーに関する話です。

彼女は23の頃に結婚したのですが、旦那さんの浮気がもとで30の頃に離婚して、以降は4人の子供を一人で育ててます。

彼女の一日はとてつもなくハードで、私自身もそんな彼女を尊敬の眼差しでみています。

彼女に聞いた、日常をちょっと紹介してみたいと思います。

まず朝は6時起床。

そこから高校生2人の子供の弁当作り。

寝る前にある程度の準備はしている事からそんなに時間はかからないそうですが、その間に子供を起こす作業があります。

高校生二人、中学生、小学校高学年の計4人の子供で夜更かしの常習なので寝起きが悪くそこが大変苦労するそうです。

その後自分と子供達の朝ごはん、子供4人と自分の分の用意なので、それがまた大変。

そして朝子供を学校に送り出して一段落、とは行かずその後は朝ごはんの後片付け、そして仕事の準備と大忙しです。

朝の8時半に出勤。

彼女の仕事は在宅の介護ですが、とてもハードな仕事だそうです。

直接オフィスに出向くのは仕事始めと仕事終わり、契約されている利用者の家を訪問する仕事なので時間が他の仕事よりも作れるとの事で選んだ様です。

何件かの家を訪問したあとにお昼ご飯、もちろん帰宅してお昼を食べますが、その間に晩御飯の準備をある程度済まさなきゃならないので全く休む間がありません。

そして午後の仕事が始まり、仕事終わりがだいたい夕方6時頃、そこから晩御飯、準備はある程度子供達が手伝ってくれるそうでそこで少しは楽できるそうです。

晩御飯の後片付けは子供達の仕事、その間にお風呂の準備、子供たちは入るのが遅いため、ほとんど彼女が一番最初に入っている様です。

ここでようやく一日の中で至福の時間が始まりますが、それでも夜の9時を回ってる事がほとんどだそうです。

疲れた体にムチ打って最後の仕事、翌日の子供達の弁当の準備、それが終わればようやく就寝、だいたい11時頃になるそうです。

以上、知人のシングルマザーの一日の流れですが、こんなに働いてると思えば私も彼女には全く頭が上がりません。

日本シングルマザー支援協会は、シングルマザーが本当の自立を手に入れるための場所。

・お金を稼ぐ力を養う
・共感しあえるコミュニティ
・再婚という幸せ

の3つの柱を実現します。

日本シングルマザー支援協会

-シングルマザー日記
-