シングルマザーに「調剤薬局事務」はオススメ?

2018/02/02

働きたいと思う女性にとって、資格がないのは就職活動にとても不利です。

資格があれば、今よりもっと条件のいい仕事ができるのに!!そう考えたことありませんか。

でも、資格を取るって時間もかかるし、お金も必要。

子どもがいるので学校に行くわけにもいかない。資格取得は諦めるしかない?

いいえ、そんなことありません。

働くのに有利な資格が欲しいと思う方にオススメの資格があります。

就職に有利な専門資格!

でも受験の難易度は易しい!

仕事内容は家事と育児の両立が可能!

そんな女性にオススメしたい資格は「調剤薬局事務」です。

最近は、医療事務と同じくらい人気のある資格です。でも、人気があるということは、就職は難しいんじゃないの?

そもそも医療関係だから勉強だって大変じゃないの?

そんなことはありません。

実は資格取得しやすい資格として、大人気です。たくさんの女性が活躍している「調剤薬局事務」とは何か。詳しくご紹介します。

就転職のアピールにつながる調剤薬局事務の資格を最短2ヶ月で習得。

さらに合格保証付きの調剤薬局事務講座があるのが『たのまな』です。

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

調剤薬局とは?

調剤薬局とは、ドラッグストアとは異なり、薬を処方することに重点を置いた薬局です。

医療現場の負担を分散するため、病院から調剤業務を分ける政策が行われました。

それまで病院で薬を処方していましたが、外部薬局で薬を処方することが一般的になりました。

調剤薬局で働くメリット

仕事場が多い

個人病院・総合病院の側には必ず調剤薬局があります。

特に総合病院の場合は、周囲に複数の調剤薬局があります。病院が新設されると、調剤薬局も同時に開店します。

このため調剤薬局は仕事場が病院に比べて多く、また需要も高いのです。

つまり医療事務よりもより就職が有利といえます。

家事と育児を両立しやすい

調剤薬局は、病院に来る外来患者さんの薬を処方するのが主な仕事です。

そのため病院の外来時間に合わせて営業をしています。つまり、朝から夕方です。

病院の診察スケジュールによって異なりますが、サービス業としては土日祝日休みが多いのも特徴です。

つまり家事育児も手を抜けない女性にとって、とても有難い勤務形態で働けるのです。

正社員もパートもOK

小さな子どもがいると、働く時間が気になりますよね。

でも調剤薬局事務は、正社員かパートを選べる仕事です。

パートでも、この時間に入れないならお断りと言われてしまう仕事が多いですよね。

調剤事務の場合は特に忙しい時間帯や月末月始の請求業務のフォローを必要としている場合が多いので、短時間でも仕事をすることが可能です。

就転職のアピールにつながる調剤薬局事務の資格を最短2ヶ月で習得。

さらに合格保証付きの調剤薬局事務講座があるのが『たのまな』です。

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

資格取得の難易度は「易」

資格と聞くと勉強を何カ月もする、もしくは学校にも行かなければいけないイメージをお持ちではないですか。

しかし調剤薬局事務は、同じような医療事務に比べて、実はとても難易度が低いのです。

それは勉強する範囲が全く違うからです。

医療事務の勉強範囲

医療事務は、医療全般に関する知識を必要とします。

例えば、入院・手術・処置などの幅広い分野を勉強する必要があります。

医療行為に関する事務業務はとても複雑なため、しっかり勉強しておかないと資格取得すら難しいのです。

調剤薬局事務の勉強範囲

調剤薬局事務が必要とする知識は、薬剤関係のみです。

医療事務として処方せん内容をパソコンに入力したり、保険の種類に応じて患者さんが負担する金額を計算したり、診療報酬明細書を作成します。

専門性が高い資格ですが、しっかり勉強をしておけば、それほど難しい仕事ではないのです。

このため、医療事務よりも調剤薬局の難易度は低くなるのです。

どんな年齢の人でも資格取得ができる

調剤薬局事務は、さまざまな年齢の人に人気の資格です。60代の方でもばっちり合格しています。

特に多いのは20~40代の女性です。

育児中だったり、子育てがひと段落した方が、自分のステップアップのために資格を取得しています。

調剤薬局事務の資格を取得するには?

調剤薬局事務の資格は各認定団体が主催する試験や検定に合格するか、民間機関主催の講座を受講することで取得できます。

資格取得方法には、講座に通う、通信講座を受けるなどの方法が選べます。

ご自身の生活パターンに合わせて選ぶことができます

勉強方法

資格取得をするためには、専門の講座を受講して、試験を受ける必要があります。

専門性の高い資格ですので、きちんとした資格講座を受講することが、取得への近道です。

通信講座の場合

テキストなどを使い、2~4カ月の勉強をします。不明点に対するフォローが手厚いので、分からないこともしっかり分かるまで勉強できます。

通学の場合

調剤薬局事務の資格は最短3日で取ることができるので、すぐに資格が欲しい方に特にオススメです。また通信講座を受講しても一人で勉強できるかが心配な方は、通学でしっかり勉強するのもいいですよ。

なんと在宅試験が可能!

一般的な試験は、決められた日時に決められた会場へ行き、受験をします。

しかし、調剤薬局事務は在宅受験OK!

テキストを見ながら回答するので、丸暗記も不要。

調剤薬局事務の仕事そのものが、資料を確認しながら行うので、テキスト持ち込みが前提の試験となっています。

これなら、子どもが小さいママでも安心して受講できますね。

受講生の口コミ

ともみんさん(30才/東京都)

無資格の時に、事務員感覚で調剤薬局事務の仕事を始めました。

ところが専門知識がない私は、事務員の中でも足を引っ張る存在に。結局、退職しました。

それから調剤薬局事務の資格を取得するために、通学しました。分からないことも分かりやすく説明していただき、あの時分からなかったことはこれか!と納得の毎日でした。

資格取得をして、改めて調剤薬局事務として働き始めました。

きちんと資格を持っているという自信で、毎日充実した仕事ができています。

はなちゃんさん(35才/岐阜県)

子どもの小学校入学を機に、調剤薬局事務の資格を通信講座で取りました。

同じ調剤薬局事務をしている友人から、小学校1年生の壁を乗り越えられる仕事だよと教えてもらったからです。

シングルマザーなので、子どもの面倒を見られる仕事でないといけない。でも生活のために給料は欲しい。

今は土日祝日が休みで働いています。おかげで、子どもとの時間も大事にしつつ、無事に小1の壁を超えられました。

このように、たくさんの女性が働く調剤薬局事務は、女性にとってなりたい生活を整えられる仕事です。

責任感もあり自立して働きたい女性も、家庭と育児を両立させたい女性にも、また社会の役に立ちたいと思う方にもオススメです。

気になったら、まずは無料の資料請求からしてみましょう。

就転職のアピールにつながる調剤薬局事務の資格を最短2ヶ月で習得。

さらに合格保証付きの調剤薬局事務講座があるのが『たのまな』です。

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

-シングルマザーにオススメの資格
-