シングルマザーにおすすめの『リフレクソロジー』

今回シングルマザーにおすすめする資格として深掘りしていくのが『リフレクソロジー』です。

この『リフレクソロジー』という資格はご存知でしょうか?

今回は、比較的新しい資格で、これから需要の増加が予想される『リフレクソロジー』について深掘りしていきたい思います。

リフレクソロジーの概要

リフレクソロジーとは、主に足の裏や手の平を刺激して、血行を良くしたり、疲労の改善を行う療法のことで、施術する人はリフレクソロジストとも呼ばれます。

反射学(リフレクソロジー)の考え方をベースに健康療法を行うリフレクロジストは民間資格なので、極端にいってしまえば、資格がなくてもなることはできます。

しかし、お客様の大切な体に触れる仕事だけに、資格の有無は信用度が違います。

反射学は19世紀のアメリカを発祥とした療法で、足の特定の部位と体の各部位が対応していることに基づいた「フットチャート」に学び、どこを押せばどの部位の痛みや疲れが緩和されるかを知らなくてはなりません。

足ツボマッサージと混同されますが、リフレクソロジーで刺激するのはツボではなく、反射区(ゾーン)と呼ばれる面だという違いがあります。

施術はトリートメントと呼び、このゾーンを刺激することでお客様の心をリラックスさせ、健康つくりをサポートします。

足の裏には多くのゾーンがあるというのがリフレクソロジーの根幹の考え方です。血行不良に対応したゾーンを刺激すると、血行を促進させて体調の改善に効果が期待できます。

日本人の多くはストレスを抱え、捌け口のないストレスは身体症状となって表れます。血行不良にによる肩こりは頭痛を起し、内蔵の不調は食事のバランスを崩して、さらなる体調不良を招いてしまいます。

そうならないためにも、トリートメントを希望するニーズは高く、リフレクソロジストは注目の資格となっています。

リフレクソロジーの資格

リフレクソロジストの資格は民間資格なのでいくつかの団体が資格を設けていますが、日本能力開発推進協会 (JADP)の「リフレクソロジスト資格」が一般的でしょう。

ゾーンを覚えるだけでなく、脳と神経、骨と筋肉、消化器官、感覚器官などの体の仕組みの基礎知識なども必要になります。

さらにフットとハンド、それぞれのゾーンなどの専門的な知識と施術の技術を備えたプロのセラピストだけが「リフレクソロジスト」を名乗れます。

また、この資格はセラピー・美容関係の仕事はもちろん、医療関係のお仕事をしている方が取得する資格というのも特徴です。

リフレクソロジストの試験は、JADP指定の認定教育機関が行う教育訓練において、カリキュラムを修了した人に受験資格が与えられます。

教育訓練はスクールへ通うほか、通信講座で受講することもできるので便利ですね。試験は、講座を修了後に申し込むことで、自宅で試験を受けられます。

テキストを見ながらでも構わないので、自分のペースで試験にのぞむことができます。

出題範囲は、

○身体の仕組み
○ハンドの反射区の基礎知識
○フットの反射区の基礎知識
○リフレクソロジーテクニック
○段階的トリートメント

となっており、実技試験として、フルトリートメント2人×5回の施術レポートと写真の提出が必要になります。

1回目を始める前と5回目終了後の写真が2人分、計4枚を提出することになります。そのため、家族や友人などに協力してもらうことが必要です。

受験料は5,600円で何度でも受験可能です。正解率70%以上で合格となり、結果は約1ヶ月ほどで通知されます。合格率は公表されていないものの、約80~90%という高いものになっています。

リフレクソロジーの資格取得のための学習方法

勉強は専門校で勉強するほか、通信講座でも大丈夫で、通信講座の場合は約4ヶ月ほどの時間がかかるでしょう。

自分のペースによってはもう少し時間がかかるかもしれませんが、そこは慌てず、しっかり覚えてから試験に臨みましょう。試験の時だけテキストを見てもしっかりと覚えていなければ仕事には活かせません。

また独学で試験勉強をすることは可能であっても、前述のように指定のカリキュラムを修了していないと受験資格がありません。

他の認定団体における受験条件もほとんどがカリキュラムの修了を受験要件としていますから、独学で試験を受けることまではできません。

リフレクソロジーの就職、収入

試験を突破して資格を取得したら、働く場所は色々とあります。リラクゼーション業界はもちろん、高齢者施設や医療現場で緩和ケアの一環として活かすこともできます。

通常、リラクゼーション業界に就職した場合ですが、サロンで働くリフレクソロジストの平均月収は約20万円ほど。派遣やアルバイトだと時給1,000~1,200円ほどとなっています。

決して高収入とはいえませんが、サロンの数に対してリフレクソロジストの数が足りないので、就職や転職には資格所持者は有利です。

リラクゼーション業界は人の出入りが激しく、現状ではライバルも少ないため、需要が供給を満たしていません。長期的に働けるということもあり、シングルマザーが自宅で開業するようなケースもあります。

サロンで経験を積み、自宅開業や出張専門での施術という形で独立することも可能です。独立すれば、自分の頑張り次第で年収のアップも見込めます。

また、就職するとしてもお客様の喜びをダイレクトに感じることができるお仕事なので、やりがいもあって人を喜ばせたいという仕事を探している人にはピッタリの資格といえるでしょう。

リフレクソロジストは、専門サロン、エステ、美容室、スポーツジムなど活躍の場が広がるニーズが高い仕事。

無料の資料請求は、

ヒューマンアカデミー公式サイトをチェック!?

-シングルマザーにオススメの資格