シングルマザーに宅地建物取引士をおすすめする理由

2018/02/02

宅地建物取引士』という資格をご存知ですしょうか?

平成27年3月までは宅地建物取引主任者と呼ばれていた資格ですが、『宅地建物取引士』の改称されました。

さてこの『宅地建物取引士』ですが、実はシングルマザーの方に是非取ってもらいたい資格のひとつと言えます。

理由は簡単で、「不動産関連の就職に有利で、資格手当がつく」からです。

また有資格者の場合、年齢なども考慮して貰える場合あり、例えば募集年齢以上であっても採用されることもあるのです。

わかりやすく丁寧な教材で人気国家資格合格へと導きます。

通信講座で宅建建物取引士の資格を目指す方にオススメなのが『たのまな』。

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

宅地建物取引士がオススメ

宅建

後の説明でもでてきますが、不動産業の場合、社員5人に1人の割合で『宅地建物取引士』を置かなくてなりません。

そして中小の不動産の場合、有資格者が割りと少ないため、『宅地建物取引士』が優遇される傾向にあるのです。

また資格手当ですが、月に1~3万円程度貰えるため、平均の2万円で計算しても年間24万円もの手当てがもらえることになるのです。

しかしこんなに優遇される資格だと、取得するのは難しそうに感じたり、敬遠したくなりますが、シングルマザーの方の合格者も数多くいますし、実際に宅地建物取引士の資格を生かして仕事をされている人も増えています。

また不動産業以外でも需要があるため、幅広い就職の選択が可能なのです。

このページでは是非ともシングルマザーの方に注目してもらたい資格として『宅地建物取引士』についてご紹介していきます。

宅地建物取引士ってどんな仕事?需要は?

宅建需要

学校、仕事、転勤などの理由で不動産を借りる、買う、売るといった時、不動産会社を通じて物件の契約をされる方がほとんどだと思います。

この不動産物件の契約時に重要事項説明書といって、物件についての説明書のようなものを説明する人こそが、宅地建物取引士なのです。

また不動産会社など宅地建物取引を行う企業は、従業員5人に1人以上の『宅地建物取引士』を置かなくてはなりません。

例えば、事業規模の拡大で社員を増員する場合や『宅地建物取引士』が退社してしまった場合は、必ず5人に1人以上の割合で『宅地建物取引士』を雇う必要があるのです。

不動産業界は人の出入りが激しい業界のため、採用の際は『宅地建物取引士』の資格を持っている方が優遇される傾向があり、仮に不動産の仕事は未経験でも歓迎する企業が多いのです。

また有資格者が優遇されるのは不動産業界に限ったことでありません。

ハウスメーカーなど住宅に関わる仕事や、銀行・保険会社といった金融機関でもこの資格は重宝されているのです。

わかりやすく丁寧な教材で人気国家資格合格へと導きます。

通信講座で宅建建物取引士の資格を目指す方にオススメなのが『たのまな』。

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

資格を取る方法

まず資格を取る方法の前に、どれほど宅地建物取引士は人気のある資格であるか説明しましょう。

日本の主要企業が社員に取得を推奨する資格の1位にあげる資格なのです。1位になるということは実務で使える資格ということなのかもしれません。

ちなみに2位は社会保険労務士、3位が中小企業診断士です。

また受験者数もとても多く、毎年20万人を超える応募があります。それだけ持っていて損しない使える資格だと言えるのですが、やはり難易度はそれなりに難しくなります。

仮に法学部出身で民法を学んでいた方であれば、独学でも合格は難しくないかもしれませんが、一般的には専門学校に通うか、通信講座で勉強して受験する方が多数となります。

実際はほとんどの方が通信講座を利用されて受験されています。まさに自分との闘いになります。

合格率は15%程度と低いので、しっかりと勉強に取り組み、強い意志をもって試験に臨む必要があるのです。

試験に合格したら?

では難関の試験に合格したあとはどのような手続きが必要になるでしょうか。

この『宅地建物取引士』は運転免許証とは違い、すぐに資格が交付されるわけではありません。

試験の合格者は、登録申請を行うには実務経験が2年以上必要となります。

しかしシングルマザーとして今後の仕事にすぐにでも活かすことを考えると、実務経験の2年を待つことはできませんね。

そこで登場するのが登録実務講習です。この実務講習をパスすれば 、資格登録が可能となります。

ちなみにこの講習は99%の方が合格しているので、『宅地建物取引士』の資格試験に合格されている方であればまったく問題ないでしょう。

本当に稼げますか?

宅建稼げる

宅建建物取引士は、間違いなく稼ぎやすい資格と言えるでしょう。

理由はとにかくニーズが多い資格だからです。

なんと平均年収が500万円以上と高水準な仕事先が多く、また名称が「宅地建物取引主任者」から変更となり、「弁護士」や「司法書士」などと同じ『士業』の仲間入りを果たしたので、さらに人気が高まっている資格なのです。

資格を持っていれば資格手当が毎月支払われますし、この資格を欲する仕事先は、基本的に給料が普通よりは高い傾向にあります。

そのため確実な収入増を目指せる資格と言えます。

宅建建物取引士が人気の理由

宅建建物取引士には受験資格が一切ありません。12歳の子供から90歳を超えた高齢の方まで、受験している統計がでています。つまり、門が広く開かれた資格だといえるのです。

自分で勉強しようと考えた時に、個人差はありますが約3か月~半年かけて試験に臨む人が多いようです。

目安としては250時間から300時間と言われています。

こう聞くとゾッとしそうですが、子供の頃の試験前は、もっと勉強していたのですよ。

そのころを考えれば、新たな知識を得る喜びにかえられるでしょうし、合格した時の喜びと、その先の収入を思い描いて頑張れるでしょう。

どんな人でも努力をすれば取得可能な資格であり、資格を取るために必ず専門学校に通うなどの資金面の負担も少なく、完全に自分のやる気と精神力で勝ち取れる資格ということで、人気が高いといえるでしょう。

勉強が苦手だと思う人もいるかもしれませんが、シングルマザーという環境で高収入を狙うならば、お勧めしてる資格が「宅建建物取引士」なのです。

学歴も年齢も性別も関係なく、評価される資格として、人気も高い資格ではありますが、やってできない事はないはずです。

我が子に「勉強しなさい!将来の為よ!」と言うでしょうが、自分は??
やらずに諦めますか??

子供の勉強と一緒に、自分も勉強して同じ目線に立ってみるのも、教育と資格取得が出来る「一石二鳥」の効果につながるのではないでしょうか?

是非とも、シングルマザーの方にチャレンジしてみて欲しいと思います。

ヒューマンアカデミー「たのまな」の通信講座で宅建建物取引士の資格を取得!

無料の資料請求は『たのまな』公式サイトからどうぞ。

-シングルマザーにオススメの資格
-,