【シングルマザー】シングルマザーの再婚

2018/02/02

子供を産んで育てることは並大抵のことではありません。

中には子育て中に自分を見失ってしまい、自暴自棄になってしまうシングルマザーの方がいてもおかしいことではありません。

そして子育てが一段落しても、「母親」でなければならない自分と、「女性」としての自分とのはざまに葛藤を覚える人は、少なくないはずです。

離婚と再婚

子供のためにと考えて生きることは「親」としてとても立派ではありますが、「親」も「人間」であり「女性」であることは、何も間違ったことではありません。

子連れの自分がまた再婚するなんて無理だと諦めて、仕事と育児に没頭してしまう人もいますが、「女性」として生きている姿は、決して子供に悪影響を及ぼすものではなく、自然の流れであると考えるべきではないでしょうか?

2015年現在の日本では、結婚した夫婦の3組に1組は離婚しているという統計が出ています。そして、その離婚経験のある人の4組に1組は再婚をしています。

現代では、離婚という選択肢とその後の再婚という選択肢は、少数ではないということを頭に入れるべきでしょう。

離婚と再婚

子供のためにと考えて生きることは「親」としてとても立派ではありますが、「親」も「人間」であり「女性」であることは、何も間違ったことではありません。

子連れの自分がまた再婚するなんて無理だと諦めて、仕事と育児に没頭してしまう人もいますが、「女性」として生きている姿は、決して子供に悪影響を及ぼすものではなく、自然の流れであると考えるべきではないでしょうか?

2015年現在の日本では、結婚した夫婦の3組に1組は離婚しているという統計が出ています。そして、その離婚経験のある人の4組に1組は再婚をしています。

現代では、離婚という選択肢とその後の再婚という選択肢は、少数ではないということを頭に入れるべきでしょう。

離婚と再婚

子供のためにと考えて生きることは「親」としてとても立派ではありますが、「親」も「人間」であり「女性」であることは、何も間違ったことではありません。

子連れの自分がまた再婚するなんて無理だと諦めて、仕事と育児に没頭してしまう人もいますが、「女性」として生きている姿は、決して子供に悪影響を及ぼすものではなく、自然の流れであると考えるべきではないでしょうか?

2015年現在の日本では、結婚した夫婦の3組に1組は離婚しているという統計が出ています。そして、その離婚経験のある人の4組に1組は再婚をしています。

現代では、離婚という選択肢とその後の再婚という選択肢は、少数ではないということを頭に入れるべきでしょう。




子供のためには禁物

再婚を考える際に、やはり一番気がかりなのは、自分は連れ子がいるということかもしれません。

特に相手が初婚の場合、多くの女性が自分に引け目を感じてしまいます。しかし裏を返せば、自分の血を引く子供のことも愛してくれる男性であれば、その愛情は確かなものだと思えるはずです。

また仕事に育児に忙しく、仕事先でも出会いがない環境とお悩みの方でも、現在は結婚相談所やバツイチの方が参加する婚活パーティ、街コンなども多く開催されています。

たまには、女性らしくおしゃれをして、出かけてみるのもいいかもしれません。

シングルマザーの方で「自分はもう男にはこりごりだけど、子供には父親が必要だと思う」と答える方もいらっしゃいますが、この考え方では、本当に幸せな再婚も本当に必要な子供の父親もできません。

子供にとっての親とは、血を分け、片親で翻弄しながらも頑張って育ててくれている、あなたしか居ないのです。

その母親が愛した相手だからこそ、子供は後々そのお相手を、自分の父親として認識し始めるでしょう。

つまり、スタートラインは自分が愛せた相手でなければなりません。

「子供のために」という言葉が脳裏にある状態では、本当の「子供のためにはならない」ということを踏まえて、恋人や再婚相手を探してほしいと願います。

とにかく結婚!そろそろ結婚!結婚が気になったら、出会いが広がるツヴァイ。

ツヴァイはイオングループの結婚相手紹介サービスです。

イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

幸せな再婚を目指すポイント

女性とは妊娠出産の経験から、体内環境の大きな変動があります。また、月経の周期によっても、ホルモンバランスの変化が激しく、安定した感情を保つことが難しいものです。

それが、子育てと仕事を両立しながらだと、自分のことには手が回らないこともあるでしょう。

しかし、たまには気分転換におしゃれをしてみたり、ファッション誌を見てみたり、ウィンドーショッピングに出かけたり等、心を上向きにすることが大切です。

シングルマザーとして生活する方の多くは、金銭的なゆとりが持てない現実はあるでしょうが、現在はリサイクルショップなどで、おしゃれなブランドの小物や服でも、場所によっては300円~1000円以内で手に入れることもできます。

また古着でも未使用商品も多く、管理されていて綺麗なものが手に入ります。おしゃれをすることで、気持ちを高揚させ、「女性」としての自分を取り戻すこともできるでしょう。

また、子供服などもあるので、子供と一緒に行き、選んでもらうなどすれば子供との時間を大切にすることにもなります。

子供とは、素直で綺麗なお母さんが好きなものです。金額ではなく、身なりを整える方法は現代ではたくさんあります。

心と身なりの準備ができたら、出会いを自分から探していきましょう。

そして、何よりも子供がいることを隠さずに、シングルマザーとして生きる自分に誇りをもち、そんな自分を愛してくれる人を見つけてください。

子供と、相手と、自分で過ごす時間を作り、再婚を決めるまでには順序をちゃんと踏んでからにしましょう。

シングルマザーも珍しくはない時代になってきました。自分が選んだ人生を、胸をはって生きていける女性であってほしいと願っております。

とにかく結婚!そろそろ結婚!結婚が気になったら、出会いが広がるツヴァイ。

ツヴァイはイオングループの結婚相手紹介サービスです。

-シングルマザーの婚活